レシピ 食の匠が教える伝統レシピ

【入善町】やきつけ

ジャンル
種別
主食
調理方法
焼く

昭和初期の食糧難の頃から、田んぼ仕事や子供のおやつとして食べられていた。やきつけは、もち米のくず米を粉にし、春に採れるやわらかなヨモギを摘んでゆで、粉と混ぜて団子にし、大きな鉄鍋で焼いて味噌を塗って作る。

材料 4人分

もち米粉 300g
片栗粉 大さじ2
よもぎ 150g
お湯 大さじ1
10g
みそ 50g
砂糖 15g
しょうが汁 大さじ3
炒りごま 少々

作り方

  1. <下準備>
  2. a みそと砂糖、しょうが汁をを混ぜ、練り上げておく。
  3. 1 よもぎはお湯に入れてやわらかくもどし、細かく切っておく。
  4. 2 こね器にもち米粉と片栗粉を入れ、お湯を少しずつ入れてこねていく。その中に(1)を入れて、両手で耳たぶ位の硬さにこねあげて広げる。
  5. 3 鉄板に油を引き(2)をおいて、ふたをして両面をこんがり焼き、焼き上がった片面に練り味噌をつけ、炒りごまをまぶす。