富山の食材

利賀村行者ニンニク[特産の匠]

水芭蕉の葉に似た、行者ニンニクは高冷地に育つ山菜であることから、約20年ほど前から南砺市利賀村で栽培されるようになりました。
にんにくよりも多いアリシンを含み、疲労回復や滋養強壮に良いとされています。
強いニンニクの臭いが特徴の行者ニンニクは、しょうゆ漬けや、おひたし、薬味として人気です。

DATA

旬の時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

[特産の匠]南砺市利賀村行者ニンニク栽培研究会

【南砺市】利賀村行者ニンニク

栽培に年月がかかり、知識・技術も必要で難しいといわれるギョウシャニンニクの実生栽培を成功させ、利賀地区の標高を活かした高品質な「利賀村行者ニンニク」の栽培に取り組むとともに、道の駅で販売するなど、特産化を目指している。 また、研究会員のみならず、利賀村行者ニンニクの栽培に興味ある人などに講習を行うなど、積極的に普及に努めている。