富山の食材

五箇山赤かぶ[特産の匠]

五箇山では古くから在来種の五箇山かぶが栽培されてきました。これは平家の落人が持ち込んだといわれ、その後、各農家で採種されてきた為、各農家でカブの色や形状が農家ごとに違っている。肉質はやや硬く歯切れがいいのが特長です。漬物、酢の物、煮物などでおなじみです。

DATA

旬の時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

[特産の匠]西 敬一(にし けいいち)

【南砺市】

昔から五箇山で作られていた在来種の赤かぶ再興・普及に努めている。  赤かぶは、連作を嫌うため、耕作面積が減少しているが、なぎ畑(山の斜面での焼畑農法)で作る無農薬肥料の赤かぶ生産に挑戦するなど、在来種の赤かぶ継承を目指し、卓越した技能を持って日々努力している。