富山の食材

黒河産筍の子水煮[特産の匠]

豊かな黒土にモウソウダケの竹林が広がる射水市黒河地区(小杉)。黒河タケノコは、百五十年ほど前に民家周辺の竹やぶで作られ出したのが始まりとされる。この地区の竹林は黒土の為、少しえぐみがあり、美味しい筍になると言われています。

DATA

旬の時期

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12

[特産の匠]射水市黒河筍加工グループ

【射水市】

黒河地区では、約150年前にたけのこの栽培が始まり、良質のたけのこが採れることから「黒河たけのこ」として根強い人気がある。 たけのこは、特に鮮度が求められるため、午前中に掘り起こしたたけのこをすぐにボイルし、塩、酢に漬けて保存し、注文があったときには、塩、酢抜きをして筍の味をのがさないよう真空パックにして販売している。 加工グループでは、子供達に安全でおいしいものをたべさせたいという考えから、学校給食にも提供しており、香りや歯ざわりがよく、しかも安いと好評を得ている。