レシピ 食の匠が教える伝統レシピ

【黒部市】水だんご

ジャンル
種別
主食
調理方法
蒸す・つく

食べ物が少ない時代から、身近にある米粉をこねて作られた。黒部市生地には町のいたるところに湧き水があり、清水の共同洗い場の冷たい水で冷やして食したところから「水だんご」といわれるようになった。

材料 4人分

上新粉・片栗粉
400g(上新粉9:片栗粉1の割合)
熱湯
320cc
きな粉 100g
もちとり粉 適量
砂糖 適量
適量

作り方

  1. 1 上新粉に熱湯を少しずつ加えながら、耳たぶくらいのかたさになるまでよくこねる。
  2. 2 蒸し器によくぬらした蒸し布を敷いて、(1)を適当な大きさにちぎって入れ20分ほど強火で蒸す。
  3. 3 蒸し上がったら、餅つき機で3~4分つく。
  4. 4 つきあがったら、もちとり粉をつけ、温かいうちに太さ2.5cmの棒状に伸ばし、2cmの長さに包丁で切る。
  5. 5 (4)を水でよく洗い冷たく冷やす(氷水で冷やすとよい)。
  6. 6 きな粉に砂糖、塩を混ぜる。
  7. 7 よく冷やしただんごに(6)をかけてできあがり。